MENU

インフォメーション

イベントレポート

第3回 労働安全衛生展 出展レポート


わたしたちは、7月20日(水)~22日(金)まで東京ビッグサイトで行われた【労働安全衛生展】に参加しました!
【労働安全衛生展】とは、日本産業界で大きな問題となっている老朽化・長寿命化・複雑化が進んだ工場や建設現場などにおける重大事故の発生を受けて、働く人の安全・健康・快適な職場づくりを支援することを目的とした展示会です。

「・・・・。村井の商品って、足のトラブルに特化したものだけではないの?」と思った、あなた!
実は、陰ながら支持を得ている「マイナー人気商品」もあるんです。

それは、踏み抜き防止インソール「ZERO HAZARD INSOLE 2(ゼロハザードインソール2)」。
踏み抜き防止とは釘やガラスを踏んでも貫通しないよう抑えること。
危険物から足を保護する靴やインソールには「鉄板」が使用されていることが多いため、安全靴といえば作業の妨げになるほどの「重さ」と「履き心地の悪さ」が当たり前でした。

そこで、そんなお悩みを解消しようと開発したのが「ゼロハザードインソール2」なんです!
特殊繊維素材を採用したことで、139g(Mサイズ)と驚きの軽さを実現。これには来場したお客様からも「おー、凄い!軽い!!」との声があがっていました。

しかし、「こんなに軽くて大丈夫かな?」「きちんと踏み抜き効果はあるの?」と思いますよね。
勿論、踏み抜き防止効果も抜群です。「ゼロハザードインソール2」は耐踏み抜き規定(JIS T8101)1,100ニュートンの約2倍の強度「2,010ニュートン」があり、ガラスなどの危険物の踏み抜きをしっかりと防止します。
実際に釘を「ゼロハザードインソール2」の上から踏んでみても全く貫通しません。

普段の靴に敷くだけで、 簡単に「踏み抜き防止効果」が得られるため、「防災の必需品」としても人気があるんです。
軽くて持ち運びに便利なので、防災バッグに入れておくだけで、いざという時に大切な足を守ります。 その名の通りHAZARD(危険)をゼロにするインソールなんです。

展示会ではこの「ZERO HAZARD INSOLE 2(ゼロハザードインソール2)」への質問が多く、「足もとの危険」への注目度の高さを感じました。
近い将来、「マイナー人気商品」から「メジャー人気商品」になる日も近いかも…?!

「ZERO HAZARD INSOLE 2(ゼロハザードインソール2)」商品ページはこちら
http://item.rakuten.co.jp/shoesfitcom/4542133003115/

過去の記事

ページの
先頭へ