MENU

インフォメーション

お知らせ

【受賞・認定報告】吉見工場が“彩の国工場”に指定されました


 
皆様、こんにちは。リクルーティング担当の牧野です。

本日は嬉しいニュースをお届けします!
株式会社村井のものづくりの現場「吉見工場」が「彩の国工場」に指定されました。

「彩の国工場」に指定、とは?
彩の国(さいのくに)とは「埼玉県」の愛称です。(皆様はご存知でしたか?)
技術力や環境面で優れている埼玉の工場を知事自ら、「豊かな彩の国づくりのパートナー」として指定するものです。

どこが評価されたの?
「シューパーツ」や「フットケア」といった特徴ある製品を生み出し続けており、子育て世代や高齢者にとっても「働きやすい職場づくり」に尽力している点、工場見学の受け入れを積極的に行うオープンな環境が評価されました。
また、吉見長谷工業団地工業会の理事長として、清掃活動への参加や、工場の敷地内に植樹を行うなど美化への取り組みも評価されての指定となりました。

11月7日には「彩の国工場」の指定式が開催されました!





 
指定式では企業ごとにミニブースが用意されており、当社は靴を作る際に必要不可欠な部品「シューパーツ」や足のトラブル別に異なった形状を設計している「インソールプロ」など、こだわりの製品をご紹介。
同じ埼玉の地で、ものづくりに励む同志たちと意見交換を行いました。



 
埼玉県知事である上田 清司 氏は、インソールのカタログをめくりながら「こんなに沢山の種類があるのですね!」と驚きの表情。
また、履き心地の良さにトコトンこだわった「footrobe(フットローブ)」を手に取りその「軽さ」を体感していらっしゃいました。





 
当社のブースはご覧の通りの賑わい!靴や足に対する興味度の高さを感じ、より多くの方々へ当社の製品を届けていきたい、と身の引き締まる思いでした。
今後も、足もとから人々の健康で、快適な生活づくりに貢献すべく、より良い製品づくりに精進いたします!


過去の記事

ページの
先頭へ