MENU

インフォメーション

お知らせ

【受賞・認定報告】「出産応援インソール 産前・産後」が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞しました



みなさまこんにちは。SNS更新担当の長田です。
本日は嬉しいニュースをお届けします!

このたび、株式会社村井の「出産応援インソール 産前・産後」が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞いたしました。




  グッドデザイン賞とは…

公益財団法人 日本デザイン振興会が主催する総合的なデザインの推奨制度です。

単にデザインの優劣を競うのではなく、身の回りの様々な分野の中から「よいデザイン」を選び、広く共有することを通じ、社会全体をより豊かなものへ導くことを目的に運営されています。

形のある無しに関わらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いた物事を“デザイン”と捉え、デザインの背景やプロセス、目的と達成した成果の質を多角的な視点で評価し、顕彰しています。



 ママは我慢するもの?その考えに待った!


産前・産後のママの身体には、
お腹の子どもの成長に伴い生じる足腰への負担や姿勢の反り返り、
歩行時の身体の左右へのふらつき、
出産に向けて骨盤を開く女性ホルモンの分泌による足の骨格の緩みなど、様々な変化があり、
多くの方が「疲れる」「腰痛や膝痛がつらい」「歩行が不安定」といった不調に悩まされています。

しかし、こうしたトラブルは、妊娠中によくある “マイナートラブル” として片付けられてしまい、
「産んだら治る」「正しい姿勢をとって、楽な靴を履く」と、重要視されていないのが現状です。

当事者であるママ自身も
「妊娠・出産したのだから足腰の痛みは仕方がない」
と知らず知らずのうちに「我慢」をしてしまっているのです。


私たちは、産前・産後のママの
「足腰の痛みや疲れが解消されない」といった「身体」の悩み、
「痛みや疲れなどの症状があるのに周囲に理解されない、対策が分からない」
といった「こころ」の問題をケアしたいと考え、
「ママになる人とママになった人の足を守る」インソールの開発に取り組みました。


「マイナートラブル」として捉えられがちなトラブルに、
それぞれに適したデザイン形状のインソールでアプローチすることで、
妊娠や出産、そしてその後の育児を足もとからサポートしていきます。





  審査員からのコメント

「産前産後の身体の変化による不調は多くの妊婦の悩みであるが、
体重増加に伴う足腰への負担をインソールから解決するという視点に驚かされた。
この時期に現れる個人ごとに異なる変化は
産婦人科でもマイナートラブルとして捉えられるケースも多いため、
表出しにくい悩みをヒアリングを通して丁寧に掬いあげ取り組む姿勢が評価された。
長年、靴部品の製造により培われた知識や技術により信頼を得ている企業が、
ターゲットを絞ることでより高次元な満足度を提供している。
世の中に認識されにくかった産前産後の方々が持つ悩みに光をあて、
これから出産を予定している人々をも足元から支えることが大いに期待された。」

受賞作品の紹介ページはこちら>>
https://www.g-mark.org/award/describe/51501


今回は、世の中に認識されにくかった産前・産後の方々が持つ悩みに光をあて
丁寧にすくいあげて製品開発につなげていく姿勢や、
これから出産を迎える人々を足もとから支えることが期待される点を高く評価いただき、
「2021年度グッドデザイン賞」を受賞することができました。

「出産応援インソール 産前・産後」は、
2022年1月ごろより、クラウドファンディングのプロジェクトをスタート予定です。

今後も新たな情報が追加されましたら、随時お知らせいたします。



弊社ブランドサイト内「Shoesfit.comコラム」では、
産前産後に生じる足のトラブルの原因や対策について詳しくご紹介しています。
マタニティママの足腰トラブルの話 原因編
マタニティママの足腰トラブルの話 対策編

こちらもあわせてご覧ください!>>
【受賞・認定報告】「キッズインソール」が「第15回キッズデザイン賞」を受賞しました


過去の記事

ページの
先頭へ